診療内容

お知らせ

  • 診察のお知らせ new

    12月28日(金)、午前、午後とも一般診察させていただきます。

       ( 午前のみインターネット受付は行っておりません。お電話にてお願いします。)

    [2018/12/14]
  • 年末・年始休診のお知らせ new

    休診日は12月31日(月)~1月4日(金)まで

    とさせていただきます。

    1月5日(土)からは通常通りの診察となります。

    よろしくお願いいたします。

    [2018/12/11]
  •  

    当クリニックは子供さんからご高齢の方まで、難聴の診断・治療や補聴器のご相談(購入も可能です)に、力を入れています。

    なお、補聴器をすでにお持ちの方も厚生労働省認定補聴器適合判定医により、お使いの補聴器が合っているか調べる検査(保険医療です)も行っています。

    詳しくは当クリニックのホームページ難聴・補聴器外来をご覧ください。

     

     

    [2018/03/20]
  • インターネット順番予約 

    お電話、インターネット(スマートフォン、携帯電話、パソコン)いずれでも診察の順番を予約出来ます。順番予約後はスマートフォン、携帯電話、パソコンのホームページで、「診療番号」や「待ち人数」を見ながら、ご自分の順番が近付いてきてから、医院にお越しいただくことができます。

    [2013/06/17]

緑の地球

 

耳鼻咽喉科一般診療

当クリニックは、耳鼻咽喉科全般についての診療を行っております。

 

例えば次のような症状についてご相談ください。

 

①耳(みみ)

  耳が聞こえにくい/耳鳴りがする/耳が詰まった感じがする自分の声が響く/音が響いて聞こえる/耳が痛い/耳がかゆい/耳漏(みみだれ)が出る/耳あかがたまっている/めまいがする/顔面が動きにくい など

②鼻(はな)

  鼻がつまる/鼻水がでる/においがわからない/鼻汁がのどに流れる/鼻がくさい など

③のど

  のどが痛い/のどに何かあるような感じがする/飲み込みにくい/声が嗄れる・声が出にくい/咳が出る・続く/痰が出る など

④口(くち)

  口の中が痛い/口の中に何かできている/口唇(くちびる)が腫れている/口が乾く/味がわかりにくい など

⑤頸部(くび)

  頸部(くび)が痛い/腫れている/しこりがある/違和感がある
甲状腺が気になる

 

くび(頸部)の脹れは、炎症によるもの、腫瘍(良性〜悪性)、先天性のものなど、さまざまなものがあります。早めの受診をお勧めします。
また、甲状腺は専門分野の一つです(詳しくはこちら)。

当クリニックの特徴

当クリニックは耳鼻咽喉科診療全般のほかに下記のようなことを特徴としています。

 

難聴・補聴器外来  (難聴・補聴器外来について更に詳しくはこちら

 

私どもは、耳鼻咽喉科医師の役割として、専門的な立場から積極的に難聴対策を勧める必要性があると考えております。

 

難聴の種類には、急性・慢性中耳炎やその手術による難聴、加齢性難聴、突発性難聴、メニエール病などのめまいに伴う難聴、特発性進行性難聴や先天性難聴に多く見られる遺伝性難聴など様々な難聴があります。
まず、患者様の症状や専用の検査設備で外耳道や鼓膜などの耳の所見を(鼻やのどの状態も拝見します。)参考にして各種聴力検査(必要に応じてご予約いたします)を行い正確な難聴の診断や原因検索をします。
次に診察により得られた所見や検査結果を説明し、その難聴に対して適切な治療やアドバイスを行います。治療により治るもしくは改善する難聴や、補聴器を必要とする場合もあります。
しかし重要なことはどの場合においても(既に補聴器を装用されておられる方でも)聴力の変動や進行が見られることもありますので、難聴の診断を受けられた方は、程度に関わらず定期的に受診のうえ聴力検査を受けてください。 
聴力検査には様々な種類があります。一般的な純音聴力検査語音聴力検査(言葉の聞き取りに関する検査で補聴器装用において必須の検査)、補聴器適合検査(補聴器をこれから装用希望の方がどのような補聴器が適しているのか、また実際に装用されている方が本当にうまく調整されているのかなどの目安になる検査です。)などです。
当クリニックは、補聴器適合検査認定施設(厚生労働省施設基準による)です。
当クリニックの医師は、厚生労働省認定補聴器適合判定医であり、日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医(内、1名は臨床遺伝専門医)です。
ご希望に応じて併設のいづみ聴覚センター(有限会社 いづみ所属)で補聴器の試聴、販売も行っております。(難聴・補聴器外来について更に詳しくはこちら

甲状腺診療

甲状腺は頸部の前下(ネクタイの結び目の位置)にあり、甲状腺ホルモンを分泌する臓器です。
甲状腺機能検査(血液検査)、甲状腺エコー検査、細胞診検査などにより、甲状腺疾患全般について診断いたします。
甲状腺機能異常(バセドー病、橋本病など)甲状腺腫(甲状腺の腫れ)、腫瘍病変(甲状腺がんなど)などの発見、診断に努め、病状説明や治療を行います。
甲状腺診療

 

漢方治療

漢方薬の服用に抵抗のない方に限りますが、耳鼻科疾患全般について、西洋薬(一般的な薬)に加えて、漢方薬の処方も行っております。

西洋薬と漢方薬の併用によって、より良い効果が得られます。また西洋薬が扱いにくい不定愁訴にもしばしば漢方薬が奏功します。

 

診療所正面
診療所正面
診療所外観
診療所外観
待合室
待合室
診察室
診察室
聴力検査室
聴力検査室
補聴器適合検査機器
補聴器適合検査機器
鼻咽喉ファイバー(内視鏡)
鼻咽喉ファイバー(内視鏡)
超音波(エコー)検査装置
超音波(エコー)検査装置
デジタルX線写真
デジタルX線写真
X線撮影装置 class=
X線撮影装置
 

いづみクリニック耳鼻咽喉科

〒599-0204
大阪府阪南市鳥取654-3

TEL:072-472-5551
FAX:072-472-5553

▲このページの先頭へ